スズメバチは巣を駆除してトラブル回避の方法を取り入れる

散布機

蜂の巣を退治

蜂の巣を退治するまえに

作業員

ご自宅で蜂の巣を発見したら、まずは不用意に近づかない事です。近づいてしまいますと、ハチから敵と勘違いされ、襲われる可能性があるからです。しばらくは観察しておき、どのような種類の蜂なのか、観察して、特定してしまいましょう。それから、蜂の巣の退治の方法を考えても遅くはありません。このように観察して、鉢を特定することで対応方法が絞られてきます。近づくのであれば、夕方以降、空が暗くなってからとなります。蜂たちは、日中の疲れを癒すために休息に入っていますので、退治するならこのような時間帯が良いとされています。これも観察すればわかることです。また、その他にも蜂の習性はあるので退治をする前に調べてから安全に行えるものを選んで取り入れていきましょう。

対応の特徴について

蜂の巣についてですが、駆除でよく取り入れられているのが蜂の巣に向けて殺虫スブレーを噴射です。このような行為では、数匹のハチなら退治できますが、それ以上は見込めません。逆に蜂の巣から蜂が出てきて、襲われる可能性があります。ぜひ避けてほしい蜂の巣はやはり外敵から襲われない、雨や風から守られる場所となりますので、家屋の屋根裏や、軒下に多く作る傾向が見られます。退治すれば良いのですが、その前に予防さえしておけば、退治もしなくても良いので、蜂の巣を作り始めた時点で取り除くことを心がけるといいでしょう。こうした作業は自分達で行うよりもプロの手に任せておいた方がいいこともあるので、一度業者に相談をして対処してもらうようにしましょう。